1日の炭水化物摂取量を計算する

炭水化物

炭水化物は、特にダイエットの観点からは、相応しくないという評判があります。
炭水化物には良いものと悪いものがあり、健康的な炭水化物の摂取は体内のエネルギーを得るのに最も適した方法です。

炭水化物は体内でグルコース(血糖)に分解され、これが私たちの身体と精神の主要なエネルギー源となります。
炭水化物は、私たちが生きていくために必要な三大栄養素の一つで、残りの二つは脂肪とタンパク質です。

炭水化物は、その種類よりも食事や食事に含まれる数が重要ではありません。
例えば、軽いパンやチップス、パスタ、スナック菓子よりも、果物やナッツ、全粒粉、種子、キヌアから摂る炭水化物の方がずっとよいのです。

加工食品や精製食品に多く含まれる炭水化物は、消化が早く、血糖値が変動しやすく、心臓病や体重増加のリスクを高める可能性があるため、不健康な炭水化物といえます。