脂肪摂取量を計算する

脂肪摂取量の計算方法

脂肪の摂取量を計算するのは大変な作業ですが、その必要はありません。

脂肪の消費量を正確に測定するには、オンラインの脂肪計算機を利用するのが最も簡単で便利な方法です。この計算機では、1日に必要なカロリーを考慮し、それに基づいて1日に推奨される脂肪摂取量をグラム単位で算出します。

必要な脂肪量を計算し、脂肪の摂取量を簡単に記録することができます。年齢、性別、体重、活動レベルを入力するだけで、簡単に計算できます。

脂肪の種類

私たちの食事に含まれる脂肪を構成する脂肪には、さまざまな種類があります。その中でも、トランス脂肪酸と飽和脂肪酸は、私たちの健康に害を及ぼす可能性が高いことで知られています。

トランス脂肪酸は、不飽和脂肪酸の分子に水素を添加し、常温で固体にする水素添加という人工的なプロセスで作られます。

一方、飽和脂肪酸は、低温になるまで液状で取り込まれ、固形に変化する。

トランス脂肪酸や飽和脂肪酸に代わる「健康的な」脂肪は不飽和脂肪酸で、主に果物、野菜、高繊維質の穀物、低脂肪乳製品、赤身のタンパク源を含むバランスのとれた食事に含まれると、心臓血管系に効果があることが分かっています。

脂肪を食べたほうがいい理由

健康的な脂肪を含む食品を食べることは、健康全般を促進する素晴らしい方法です。ヘルシーな脂肪を含む食品を食べると、必須ビタミンとミネラルを全身に運ぶのに役立ち、しかも食間の満腹感や充足感を維持することができます。
健康な脂質は、炎症を抑え、コレステロール値を下げ、栄養の吸収を良くします。

オリーブオイル、ナッツ類、アボカド、脂肪分の多い魚などの食材を取り入れることで、バランスの良い食事に必要な効果が期待できます。

健康的な脂肪を含む食品を食生活に取り入れることで、長期的に全身の健康を増進することができます。

脂肪を食べると太るのか?

脂肪は敵ではありませんし、脂肪を食べたからと言って太るわけではありません。

すべての脂肪は同じように作られるわけではありません。すべての炭水化物やすべてのタンパク質が同じようにつくられていないのと同じようにです。確かに、脂肪は炭水化物やタンパク質よりも1グラムあたりのカロリーが高いのですが、だからといって脂肪を食べると太るというわけではありません。むしろ、脂肪を摂ることで体重をコントロールすることができるのです。大切なのは、正しい脂肪の種類を選び、適度に楽しむことです。

実は、脂肪は私たちの体を正常に機能させるために不可欠な栄養素です。ヘルシーな脂肪を含む食事は、実際に体重を減らし、それを維持するのに役立ちます。

オリーブオイル、アボカド、ナッツ類、種 類などに含まれる健康的な脂肪は、お腹を満たし てくれるので、食事の量を減らすことができま す。また、必須栄養素を含み、不健康な脂肪(飽和脂肪酸やトランス脂肪酸など)の代わりに使用すれば、コレステロール値を改善することができます。

ただ、ヘルシーな脂肪でもカロリーは高いので、分量を守ることを忘れないでください。ですから、食事に脂肪を取り入れることを怖がらないでください。アボカド、オリーブオイル、ナッツ類など、ヘルシーな脂肪を選ぶようにしましょう。