排卵計算機

排卵を計算する方法は?

前回の生理の初日と月経周期の総長から、次の排卵がいつ起こるかをおおよそ計算することができます。ほとんどの女性にとって、排卵は通常次の生理の14日前に起こります。
女性の生理周期はホルモンによってコントロールされており、通常25~32日続きます。
精子は子宮の中で卵子を待っている間、とても長く生き延びることができるので、各周期の6日目、排卵日の5日前に妊娠することができます。

上記の排卵カレンダーで、あなたの妊娠しやすい日を確認してください。

妊娠の可能性が最も高いのはいつですか?

妊娠するためには、排卵日の前日と当日に避妊をせずに性行為をする必要があります。 卵子が剥離すると、卵管に捕まり、子宮に移動します。この移動中に精子と受精することができるのです。卵は半日から1日の間、受精可能である。受精しなかった場合、卵は1日程度しか生きられません。

排卵日がはっきりしない場合は、正確な排卵日を特定しようとするのではなく、月経周期を通じて2~3日おきにセックスをするのが賢明かもしれませんし、排卵日に正確にセックスできる可能性を最大限に高めることができます。
精子は子宮の中で数日間生存することができるため、毎日セックスする必要はありません。

排卵しているサイン

排卵と生理は連動していますが、その前の数週間は排卵がなくても生理があります。卵子が放出されるには、血液中のエストロゲンというホルモンの濃度が十分に高いことが必要です。40代になると排卵の回数が少なくなることが多いようです。

排卵は、下腹部の痛みや不快感などの徴候や症状によって感じられ、半透明のおりものが出たり、女性が体温のわずかな変化を経験したりすることもあるようです。 排卵を感じられるという女性もいます。また、排卵の時期であることを示す兆候をまったく感じない人もいます。